私たちウィングマリタイムサービスは港の安全を守り続けて半世紀。小さな力持ちが安全運行を支えます。


50,60年代 70年代 80年代 90年代 2000年代

1959年
(昭和34年)
株式会社日本海洋社は、横浜市で日本郵船株式会社と東京湾水先人組合(現東京湾水先区水先人会)の曳船運営会社である株式会社横浜海洋社との折半共同出資によって設立され、曳船4隻で営業を開始しました。
クリックどうぞ!
浜丸 第二衣笠丸 金剛丸 神奈川丸
浜丸
(95トン 500馬力)
可変ピッチ推進器
第二衣笠丸
(27トン 500馬力)
螺旋推進器
傭船 金剛丸
(235トン 1000馬力)
螺旋推進器 
船主:日本郵船株式会社
扱船神奈川丸
(149トン 1445馬力)
可変ピッチ推進器
船主:日立造船株式会社
1961年
(昭和36年
1月)
社船 富士丸(151トン 1,760馬力)の建造
煙突の代わりに鳥居型マストを採用し、その姿から「耳の冨士丸」の愛称で親しまれた。
イメージ2 富士丸
1961年
(昭和36年
12月)
V.S.P.(フォイトシュナイダプロペラ)海洋丸(117トン 1,200馬力)の建造
ここからV.S.P.推進器の時代が幕をあけた。
海洋丸 海洋丸 VSP推進器
海洋丸(117トン 1,200馬力) クリックどうぞ!進水式の模様が表示されます。 V.S.P.推進器
1962年
(昭和37年)
千葉出張所を開設
千葉出張所 千葉
1968年
(昭和43年)
創業10周年を記念して「創業十年を迎えて」発行
写真集10
1969年
(昭和44年)
千葉出張所を千葉支店に格上げ
桂丸(169トン 2,300馬力)を建造。ダックペラ式推進器装備船の東京湾内導入第一船となり、ダック・Zペラ時代の幕開けとなった。
ダック・Zペラ 桂丸
ダック・Zペラ
(全旋回式推進装置)
旋回の様子
【ダック・Zペラ時代】
当時、全旋回式推進装置がダックペラ(石川島造船化工機)、Zペラ(新潟鉄工)
という商品名で各メーカーから発売されました。


50,60年代 70年代 80年代 90年代 2000年代

ウィングマリタイムサービスコーポレーション

Copyright - Wing Maritime Service Corporation. All Rights Reserved.