こんにちは!株式会社 ウィングマリタイムサービスです。 私たちはタグボート・エスコートボートを東京湾で展開する会社です。

私たちウィングマリタイムサービスは港の安全を守り続けて半世紀。小さな力持ちが安全運行を支えます。

タグボート、エスコートボートイメージ

WHAT'S NEW

採用情報
海上社員
について
現在募集をしておりません
陸上社員
について
弊社マイナビページまでアクセスください。
マイナビ2017
ご案内

国内初のLNG 燃料タグボート「魁」が就航

 日本郵船株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内藤忠顕)が建造を進め ていた液化天然ガス(以下LNG)を燃料として使用するLNG 燃料タグボート「魁」が2015 年8 月31 日に京浜ドック株式会社追浜工場(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:庄 司勉)にて竣工しました。同日、当社は用船者として「魁」の商業運航を開始し、本船は 横浜港に就航しました。LNG を燃料とする船舶の建造と運航は、LNG 運搬船を除き外航船・ 内航船を通じて日本初となります。

 本船は重油とLNG を燃料として使用可能なデュアルフューエルエンジンを搭載しており、 運転中でも燃料を自由に切り替えることが可能です。LNG を使用する場合、重油使用時と比 較して二酸化炭素(CO2)排出量の約30%、窒素酸化物(NOx)排出量の約80%、硫黄酸化 物(SOx)排出量の約100%削減が可能となる見込みです。本船は当社にとって2013 年3 月 15 日就航のハイブリッド・タグボート「翼」(注1)に続く、2 隻目の環境配慮型タグボー トの投入となります。

 本船へのLNG 供給は「Truck to Ship」方式(注2)にて、横浜市の埠頭にて実施されま す。LNG の供給にあたっては、供給者である東京ガス株式会社(本社:東京都港区、代表取 締役社長:広瀬道明)と2015 年8 月31 日に「曳船向け液化天然ガス売買契約書」を締結 し、同社の協力を得て実施します。

 本船は、就航日から当社船隊の1 隻として横浜・川崎地区で大型船の離着岸をアシスト する曳船作業に従事しています。当社は、引き続き本船の効果的運用により、安全・確実 な曳船作業を遂行するとともに、大都市の生活圏に隣接する港湾での環境負荷低減に積極 的に取り組んでいきます。

(注1)ハイブリッド・タグボート ディーゼル・エンジン(重油)とモーター(電気)を組み合わせで推進するタグボートで 高性能バッテリーを搭載。CO2 排出量の20%削減を達成。

(注2)「Truck to Ship」方式 船舶へのLNG 供給手法の一つ。タンクローリーよりフレキシブルホースを用い、船舶へLNG を供給する。

「魁」概要
全長: 37.20m
全幅: 10.20m
型深さ: 4.40m
総トン数: 272 トン
馬力:3,236 KW(4,400 馬力)
主機: NIIGATA 6L28AHX-DF × 2
船主: 日本郵船株式会社
船級: 一般財団法人日本海事協会

                                     

以上

私たちの仕事(for KIDS) パズルもあるよ。

株式会社 ウィング マリタイム サービス
〒220-8113 横浜市西区みなとみらい2丁目2-1 横浜ランドマークタワー13階
TEL:045-212-4050  FAX:045-212-4057

Copyright - Wing Maritime Service Corporation. All Rights Reserved.